菌活の種類って?どんな食べ物に含まれているのか紹介!

菌活はテレビ番組以来有名になって結構な方が取り入れているようですね。菌活とは食材に含まれている良い菌を食べ物に取りいれて健康になるというものです。ですから当然食べ物に含まれているものを摂取することによって実践できますがどんなものに含まれているのでしょう。

菌は有名な食材では味噌や酢、納豆にも含まれています。またチーズ、ヨーグルト、キノコや飲み物はワインや甘酒にも含まれています。

菌活の種類について

 

菌といってもたくさんの種類があります。先程上げたものを整理すると・・

・味噌・・・麹菌、酵母菌、乳酸菌
・酢・・・麹菌、酵母菌、酢酸菌
・納豆・・・納豆菌
・きのこ・・・菌類
ワイン・・・酵母菌
甘酒・・・麹菌、乳酸菌

ただこの菌が一つ一つどんな作用があるか知らないで闇雲に摂取して菌活をしても意味がありませんよね。

菌活を実践する上で菌の種類も把握しておきましょう。

菌活の種類一覧!

 

乳酸菌とは
ヨーグルトなどで有名ですね。腸内環境を良くします。またあまり知られていないですが抗アレルギー抑制にも繋がるようです。最近では乳酸菌飲料が多く販売されていますのでコンビニさえあればいつでも購入可能です。意外ですが漬物にも入っているようですよ。

麹菌とは
消化吸収を良くしてくれる菌です。主に味噌や酢や醤油、みりんなどに含まれているものです。主な食材としては味噌、醤油、酢、塩麹、甘酒などに麹菌が含まれています。

納豆菌とは
これも有名!読んで時のごとく納豆に含まれている菌です。そもそも納豆に栄養があるといいますが何故なのでしょう。実は納豆には血液をサラサラにしたり骨を強くしてくれたりする作用があるんですよね。その正体が納豆菌というわけです。納豆菌というぐらいですから納豆意外の食材には含まれていません。

酢酸菌とは
あまり聞き慣れない言葉ですね。この酢酸菌は字をみればなんとなく想像できる菌ですよね。血圧や血糖値を抑えてくれたり疲れやすい体の疲労回復ができます。酢にのみ含まれています。

酵母菌とは
酵母と言えば飲み物のイメージがありますのでワインやビール、日本酒に含まれている菌です。しかしパン、味噌、醤油などにも含まれている成分です。酵母菌は便秘が治ったり血糖値が上がらないようにしてくれるそうです。

菌類とは
何かの総称のような名前ですがシメジ、エリンギ、キノコに含まれているものです。整腸作用により美肌やむくみが改善されます。値段が高いものではトリュフ、マツタケもこの菌類が含まれています。

菌活でおすすめなコンブチャクレンズとは何?

結局このコンブチャクレンズがやはりおすすめという事になってしまうのですがコンブチャクレンズは先程説明した菌活をする上で一番楽な方法とも言えます。

コンブチャクレンズ一本で酵母菌や酢酸菌、乳酸菌の3つが摂取できるからです。ただ朝や夕に軽く一杯飲むだけでこの三つが摂取できるというので食事などを特に意識しなくても菌活ができるというのは楽ですよね。

ですからコンブチャクレンズで菌活をする人も結構多いみたいです。

コンブチャクレンズの公式サイトはこちらバナー↓


一押し記事