健康と美容に!奇跡のフルーツ、アサイー

 

アサイーって聞いたことがありますよね?よくアサイーボウル(アサイボウル)とか。「奇跡のフルーツ」「ブラジルの奇跡」「アマゾンのミルク」など、通り名(笑)のようなものがたくさんついています。とにかく健康と美容にとても良いというアサイーですが、本当のところ効果・効能はどうなんでしょう?アンチエイジングフードとして有名なアサイーに迫ってみます!

☆アサイーとはなんじゃろ☆

ブラジルの先住民たちがその実をすり潰して食べていた、とても栄養価の高い植物。アサイーは日本名「ワカバキャベツヤシ」と呼ばれる、ブラジル原産のヤシ科に属します。外見はブルーベリーに似ていて直径1㎝ほど。アサイーの栄養価はとてもとても高いのですが、実の約95%は堅くて食べられたものじゃあありません。食べられるのは残りの5%程。

☆アサイーの栄養価は☆

ブラジルの赤道直下の過酷な環境で育ったアサイーは、自分たちが生き延びるために必死で進化しました・・・激しい雨、強い紫外線に晒され続けた結果、とってもタフな植物に育ったんです。アサイーには鉄分だけでなくカルシウムや食物繊維なんかもいっぱい!他にもビタミンB1、B2、オレイン酸、アミノ酸、ポリフェノールなどが入っていて、エネルギー補給にもOK。特に果実100gの中に含まれるポリフェノールは、何と約4.5gも含まれているんです!

【ポリフェノールがいっぱい】
ポリフェノールはアンチエイジングに欠かせないもので、コレステロールの酸化や活性酸素の働きを抑えてくれる強~い味方。それがアサイーにはワインの30倍以上入っていると言われています\(^o^)/

【鉄分もいっぱい】
鉄分がレバーの約3倍も入っているアサイー!レバーが苦手な女性は多いですが、無理してレバーを食べなくてもアサイーでカバーできるのも嬉しい(⌒▽⌒)

☆アンチエイジングに期待大☆

活性酸素ってご存知ですか?体内に入ったウィルスやばい菌などを退治してくれるいい方?なんですが、ストレスや紫外線を多く浴びると、活性酸素を作りすぎてしまうんです。で、作りすぎて余った活性酸素は良い細胞を殺してしまい、シワ、シミ、たるみなんかの原因になってしまう扱いづらい方なんです。グスン(T_T)

(#^^#)
でも大丈夫!アサイーの中に多く入っているアントシアニンというポリフェノールは、シワ、シミ、たるみなどの原因となる活性酸素を抑制する抗酸化力がとても強いんです。だから、活性酸素を作りすぎないようにしてくれつつ、老化を防ぐことができるんです。

☆アマゾンのミルクは疲労回復にも効果的☆

アマゾンのミルクとも異名を取るアサイーですが、鉄分だけでなく葉酸も多く含まれているんです。葉酸は造血作用があり、貧血気味な方に最適。また、美肌や美しい髪質作りにも効果があると言われています。また、アルツハイマーやうつ病などにも効果を発揮しているという話も聞くので、葉酸も欠かせませんね(*^^*)

☆アサイーの食し方☆

一般的に日本に入ってきているのは、パウダータイプかエキスタイプが殆ど。それをヨーグルトにかけたり、ジュースと混ぜたりして摂取します。ブルーベリーと違って、アサイー自体には殆ど味がないんで混ぜちゃうのがいいですね。あとは、スムージーなんかもお勧め。ハワイで人気のアサイーボウル(アサイボウル)はベースがスムージーで、シリアルや果物を入れたりして美味しいです^_^

☆摂りすぎ注意☆

いくらアサイーがいいからと言っても摂りすぎには注意!ドリンクタイプなら200ml程度。パウダーでも3gほどで大丈夫。あまり摂取しすぎると下痢などお腹を壊してしまう話も聞くので、気を付けて飲みましょう^^;

一押し記事